冨浦のある浜焼き市場で海鮮焼の昼食を賞味。
館山ファミリーパークでは、季節の花々を観賞しながら散策。
千葉で人気の絶景スポット「濃溝の滝」「江川海岸」に立寄ります。

 

出発日&行程】

5月21日() 出発予定 新宿駅(8:00発)=横浜駅(9:00発)
5月27日() 出発予定 池袋駅(8:00発)=東京駅(8:30発)

 

濃溝の滝(散策60分)=富浦(浜焼きの昼食90分)=館山ファミリーパーク
(散策90分)=江川海岸(休憩30分)=

 

各地(18:00~19:00頃)

 

【旅行代金】 お一人様 昼食付
座席A:16,500円(わんちゃん座席有)
座席B:13,500円(わんちゃん座席無)

※座席Aは2名座席を1名 座席Bは2名座席を2名で利用する料金です。
一人参加で相席希望の方は、座席Bにて受付いたします。

 

 

山ファミリーパーク
http://familypark.jp/
館山ファミリーパークは、房総半島の南端、洲埼灯台と野島埼灯台の
中間地点にあり、 房総フラワーライン沿いの平砂浦を望める花の楽園です。
春には7,500㎡の広大な花畑に関東最大級10万株100万本のポピーが咲き誇ります。
花摘みは12月1日から5月上旬まで楽しむことができます。
南房総の温暖な気候を生かした園内では、1年を通して花とハーブが
楽しむことができます。 ドッグラン「わんわん広場」では、
愛犬をのびのびと遊ばせてあげる事ができます。 

01p2 04p

濃溝の滝
http://www.city.kimitsu.lg.jp/contents_detail.php?frmId=10779
濃溝の滝(のうみぞのたき)がある場所は、房総半島のほぼ中央、
君津市にある清水渓流広場。周囲は、標高300m台の緩やかな山地が主脈を成す、
県内でも特に緑の豊かな地域です。清水渓流広場は、片倉ダムの上流、
笹川の渓流沿いにある自然公園で、ここの南端に濃溝の滝があります。

濃溝の滝は、渓流の岩壁に穿たれた大きな岩のトンネル。
トンネルの下には、小さな段差の滝が作られ、そこを渓流の清水が流れていきます。
不思議の世界への入口のような幻想的な岩のトンネル、渓流を囲む高い岩壁、
広い岩の川底。ここは正しく房総半島の秘境です。

清水渓流広場は、内部を周遊する遊歩道が整備されていて、駐車場のある入口から
一周すると約15分。遊歩道の先からは、渓流の浅瀬に下りることができ、
濃溝の滝を間近に眺めることが出来ます。県道沿いで遊歩道も整備された場所。
濃溝の滝は、実は比較的にアクセスが容易な秘境です。 
noumizo%e6%bf%83%e6%ba%9d %e6%bf%83%e6%ba%9d1

江川海岸
egawakaigannegawa

 

 

 


(株)パーソナルツアーズ  愛知県知事登録旅行業第2-1240号

名古屋市中区新栄2-16-26 TEL:052-252-8277
ツアー受付TEL:0562-32-1077